連携の輪、広げていきたい。

きょうとNPOセンターの常任理事が先日、新聞のコラムに寄せていました。

 

ゲオルク・ジンメルという哲学者は

「排除されていない者は包括されている」と述べ、

市民活動に対して無関心で何もしない人は、

本質的な価値を理解しようとせずに批判的で嘲笑している人と

同じ側にいることを示唆している・・・

 

セカオワの「サザンカ」のなかにも笑うほう、笑われるほうといった歌詞が出てきます。

うちの取り組みは笑うほうではありません。笑われるほうです。

 

言い方はアレかもしれませんが、こういった取り組みってある意味、
笑われるそんな取り組みです。でも、何も関心を示さなかったり、
行動を起こさなければそれは笑うほうです。

 

皆さんの胸に手を当てて考えてほしいと思います。

 

わたくしは笑われるほうでありたい。

 

だからこそ、一緒にいろんな取り組みに携わって一緒に笑われたい。

 

連携の輪、広げていきます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

Please reload

​当会からのお知らせ

© 2017 dekoboko  with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now