【ヘルプマーク物語】初めて声をかけてもらった

今ネットで話題になっているヘルプマークについて。

 

ヘルプマークの認知度は意外と高くなっておらず、

啓発が求められています。

 

ヘルプマークは京都府でも導入されており、

いたるところでポスターを見かけている方も多いと思います。

 

実は、先日の「まぜこぜ@たんご」の参加者の方の中にも

ヘルプマークを付けておられる方がいました。

 

実際、この丹後地域でもヘルプマークを付けている方を見かけます。

 

わたくしは知っていたので「あーそうなんだ」と

認識できるのですが、ヘルプマークを知らない人にとっては

何を意味しているのかわからないことのほうが

多いのではないでしょうか?

 

ヘルプマークは見えない障害について

「困っているから声をかけてほしい」意思表示として用います。

 

自閉症をはじめとした発達障害ももちろん見えない障害ですから

ヘルプマークはその意思表示として用いることができます。

 

今話題のケースは発達障害の当事者が「世界自閉症啓発デー」の

イベントに行くときに、ヘルプマークを見て初めて声をかけて

もらったというのがとても運命的で「世界自閉症啓発デー」が

まさに当事者にとって必要なヘルプマークの啓発にもつながったという、

改めて啓発って大事なんだなとそう感じています。

 

やはり、「世界自閉症啓発デー」というものが、発達障害当事者に

とっても、そうでない人にとっても何かを結びつける運命的な

ものになっていることはとてもうれしいですし、ヘルプマークも

「世界自閉症啓発デー」と同じくらい啓発していけたらいいなと

そう思いました。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

Please reload

​当会からのお知らせ

© 2017 dekoboko  with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now